閑谷学校の創学の意志を、後世に伝えるために…。

閑谷学校は、今から三百年以上前、江戸時代の前半に完成した教育施設です。江戸時代の教育は、現在の学校のような一斉教授ではなく、個別学習で自分が納得するまで学びます。江戸時代の「学び」は、詳細な科目に分かれた教育課程を終えることで学校に卒業を認めてもらう現在の学校教育とは異なります。
多くの江戸時代の教育施設が近現代の開発などで失われるなか、ほぼ当時の姿のまま現存する閑谷学校は、「学びの原郷」と呼ぶに相応しい施設です。

講堂中 孔子像 石堀 講堂と楷の木

ページの先頭へ